酵素サプリで胃痛を改善

胃痛になる原因には、食べ過ぎやストレスや飲みすぎ等様々あります。胃の中には酸があり、酸によって保護されています。胃にある酸は食べ物に付いている菌をやつけるためにあり、食事では3千億や4千億ものばい菌が入ってくるがこのほとんどをやっつけてくれます。

胃が痛くなると直ぐに胃薬を飲む人がいるが、胃酸が出る作用を抑えてしまう働きがあります。このため、身体を守る力が衰えてしまいます。胃薬を折角飲んでも同じ事の繰り返しになり、また胃を痛めてしまう事になります。

食べ物を消化するには酵素が必要で、その時に活動するのが消化酵素です。胃液の分泌が抑えられると、消化酵素を活性化させてくれるペプシンやマグネシウム等のミネラルの吸収が出来なくなります。免疫力の低下にも繋がり、悪玉菌と善玉菌のバランスも崩れてしまいます。

腸内環境も悪くなり、便秘しやすくもなります。こうなってしまわないように、胃痛になったら胃薬の代わりに消化酵素サプリを飲むようにします。サプリは薬ではなく、補助栄養食品になるので足りない消化酵素を補う事が出来ます。

飲む事で消化酵素の量が増えるので、胃酸の量も減らす事がなくなり胃痛も改善されていきます。
参考サイト:ベルタこうじ生酵素サプリの通販購入

ニキビの予防法

ニキビを予防するには、過剰な皮脂を取り、毛穴を詰まらせない事が必要です。メイクをしている場合は、1日の終わりにクレンジングでしっかりと汚れを落とす事がとても大切です。この時にメイクを良く落とすために、オイルクレンジングを使う人が多いです。

もし毛穴の詰まりやニキビが気になる時には、使用を控えるようにします。既に過剰に皮脂が分泌されているので、そこに油分を付けるとニキビが出来やすくなります。また既に出来ているニキビの状態を悪化させてしまい、ジェルクレンジング等オイルの少ないクレンジングを使います。

ニキビが出来る前には皮脂の分泌が盛んになっているので、肌で脂っぽく感じる所は重点的に洗う必要があります。しかし1日に何回も洗顔をしたり強い洗浄力のある洗顔料で洗顔をすると、肌に必要な潤い成分を必要以上に取り去ってしまう事もあります。

肌が乾燥してしまうと角質の柔軟性が失われ硬くなり、その結果余計に毛穴を詰まらせる事になります。普段から毛穴を詰まらせないためには、ピーリングするのがおすすめです。ピーリングとは酸性の薬剤を使って余分な角質を溶かして剥がすスキンケア方法です。

余分な角質を取ると毛穴が詰まりにくくなり、ターンオーバーが高まり、肌の新陳代謝が良くなります。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>アクネナインニキビケア化粧水